カナテクカレッジ 溶接板金 職業訓練校について

溶接

こんにちは、ほんまです!

10年前に溶接学校卒業しましたが、その時の失業保険や手当て、資格についてまとめたいと思います。超お得なので今の会社を辞めてスキルアップしたい方や直ぐに失業保険貰いたい方はチャンスです

目次から飛べるので是非見たいところだけ見てみて下さい

スポンサーリンク



職業訓練校とは

職業訓練校とは、求職者向けに新たな仕事に就けるよう様々な訓練を通じて就職をサポートする場です。

新しい仕事を始めたい方や、これから仕事を探そうという方が、業務に必要な知識・スキルを身に付けられるよう様々なコースが用意されています

職業訓練校は国や自治体が主体となって運営しており、年間30万人に利用されています。職業訓練校の申込み等はハローワークで行います

失業保険とは

失業手当は、失業した人が安定した生活を送りつつ、1日でも早く再就職するための支援として給付され、新しい職に就くまでの経済的支えになる制度です。ただし、離職したすべての人が失業手当をもらえるわけではありません

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/52#section01

失業手当について細かい所は上のサイトからご確認下さい

実際月にいくら貰えたのか??

自分は当時、月に基本給で27万貰っていたので手当て額が8割だったので216,000円

さらに、お弁当代って名目で1日700円✖️22日で15,400円

電車で通う交通費は一ヶ月で貰えるので先に半年買って差額は貰いました

合計231,400円+αって所ですね

訓練校に入るには??

基本的には入りたい学校調べて、ハローワークに行き、手続きしてもらう形ですね!

自分の行っていた学校は3ヶ月前ぐらいに体験会って言うのがありまして、そこに参加すると少しだけ当日のテストの点数プラスって噂です

カナテクの溶接、板金コースは国語と数学のテストと面接がありました

当時は10人募集の所30人の応募でした

無事めでたく入れたら

半年の実習が始まります。

朝8時55分からで午前中は学科、午後は12時55分から実技って感じでしたかね

午前中の学科はマジで眠くてキツかったっすね

ある程度資格が取れた3ヶ月後から専門の資格取るためと、卒業試験の為の実習が始まります

毎日実習なので卒業したくないぐらいとっても楽しかったです

取れた資格

アーク溶接に関わる特別教育、ガス技能教育、産業ロボット溶接、低圧電気、砥石

溶接の基本級

N-2F,SN-2F,TN-F ←結構ちゃんと練習しないと一つも取れないと思います。取れるのは全体の7割です。実技と学科があります。資格はこちらから↓↓

溶接技能者: 04手溶接(アーク溶接・ガス溶接)

授業でやったのは、板金、CAD、手書きの図面、パソコンの使い方

まとめ

お金貰いながら資格取れるなんて凄いシステムだなーって思います

職人以外でもこれからテレワークや事業始めるための資格や学びがたくさんあるので是非有効に使ってみて下さい

就職支援や面接の練習までやってくれますので、やりたい事見つかったらまずは無料で資格取ってみるのはいかがでしょうか??

卒業してから10年経ちますがその時の仲間や先生と未だに飲みに行ったりしています!

今回も最後まで見て頂きありがとうございました

では、またお会いしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました