「カエディア」 二輪用 スマホホルダー

fooddelivery

こんにちは!ほんまです

最近、配達で自転車やバイクを使用している人をたくさん見かけるようになりました

私も、その一人です( ✌︎’ω’)✌︎

しかし、まだまだ片手スマホの方は多いですね。。。

今回は、自分が愛用している「カエディア」のスマホホルダーのついてです

この記事を読むと以下のことが分かります

  • なぜ、スマホホルダーが必要なのか?
  • オススメのメーカーにした理由
  • 取り付けについて
  • こんな人にオススメ
スポンサーリンク



スマホホルダーの必要性

道路交通法について

令和元年12月1日から、運転中にスマートフォン(スマホ)や携帯電話で通話したり、画面を見たり、操作する「ながらスマホ」に対する罰則が厳しくなりました。しかし、依然として運転中の「ながらスマホ」による交通事故が発生しています。「ちらっと画面を見るくらいなら大丈夫」と思うかもしれませんが、その一瞬の油断が悲惨な交通事故を招いています。運転中にスマホ等を使用しなければならないときは、必ず安全な場所に停車してからにしましょう。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201707/2.html

運転中のながらスマホに対する罰則

自動車及び原動機付自転車などの運転中の「ながらスマホ」は、道路交通法で禁止されています。運転中の「ながらスマホ」などに対する罰則等は、以下のとおりとなります。

◆携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合(保持)

罰則】

「6月以下の懲役」又は「10万円以下の罰金」

【反則金】

普通車の場合:18,000円

【違反点数】

3点

◆携帯電話の使用により事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合(交通の危険)

【罰則】

「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」

【反則金】

非反則行為となり、罰則が適用されます。

【違反点数】

6点(免許停止処分の対象)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201707/2.html

禁止されていない行為

法律に書かれていない行為は禁止されていないため、現段階では以下の行為については道路交通法違反とはされていません。

・クルマが止まっている時に、スマホやカーナビを見つめたり操作したりすること

・クルマが止まっている時に、スマホ等で通話すること

・ハンズフリー機能やイヤホンを使い、受話器を持たずに通話すること

※一部自治体により異なる場合あり

https://221616.com/norico/smartphone-use/

まとめると

歩いてる時の「ながらスマホ」ですら危ないのに、車の運転中やバイク、自転車の運転中はとても危険です!

警察に捕まって罰金を払うぐらいならいいですが、もしも、交通事故を起こしてしまい他人の人生を壊してしまったら、元には戻れません

なので、車両運転時は固定できる装置があると片手運転になることがありません

二輪走行中にナビを見るのは良くありませんが、ブルートゥースのイヤホンとセットで使用することにより、映像と音声で目的地まで案内してもらうことが可能になります

さて、各社様々な固定装置がありますが、今回二輪用のオススメは以下になります

オススメ!!「カエディア」

今回、なぜオススメかと言いますと自転車もバイクも全ての取り付けパーツがついていて追加でパーツを頼まなくて良いところです

そして、バイク用はQI充電器付きのタイプもありますので、QI充電器対応のスマートフォンであれば置くだけで充電が可能になります

QI充電器の詳しい記事はこちら↓↓

カエディアとは?

2020年に株式会社Kaedearを設立

中間業者を通さず、インターネットのみで直接販売する事でリーズナブルな価格を実現

バイク業界初のQIワイヤレス充電スマホホルダーを企画した事で話題になり、現在では月間1万人を超えるお客様にご利用頂いております

横浜市緑区のカエデの町で始まり、dearには社長のお客様への思いが込められています

製品タイプは様々

KDR-M11C

自分はこちらのタイプを自転車に取り付けています

ミラーに取り付けるユニットも付属しているので原付や単車にも取り付け可能です

販売価格は2,000円台ととてもリーズナブルです

KDR-M11C
商品内容紹介

KDR-M11A

そして、バイク用に使用しているのがこちらのQI対応充電器です

実は、防水のUSB端子が付いているのでQI充電非対応でも有線で充電できます

私はBluetoothのイヤホンなどを充電したりしています

KDR-M11A
セット内容紹介

取り付け方法

付属のアタッチメントでパイプに取り付け可能

原付タイプの場合はミラーマウントを使用し、強制的にパイプを作ります

スマホの取り付け楽々

【ホールドタイプ】

クイックホールド&リリース機構を採用。スマホを置くだけで瞬時にホールド、両脇のリリースハンドルを握るだけのリリース。片手で最速でスマートフォンの付外しが可能です。良質なワンウェイ構造とステンレスアーム採用で優れた耐久性を実現。両側から握らない限り開く事の無いアーム構造は安心して運転に集中できます。使い勝手の良さを追求したモデル。四角式固定でサイドボタンのスマホやiFaceの様な側面が湾曲したスマホケースにも対応。四角に深さがあるので分厚いスマホケースでもしっかりホールドします。四点で包み込むような安心のホールド感を是非お試しください。

角度調整自由自在

【360度回転ボールマウント】

アルミ製ボールマウントと強化樹脂製キャッチ、ナットは極限まで精度を高め、バイクや自転車の振動にもしっかりと姿勢を保つ安定感を実現。いつでも自由自在に縦横、角度の調整が可能。原付の様なハンドルバーが無い車種にも強化樹脂製ミラーマウント付きで取付け可能。

使用の注意点

スマホホルダーに取り付ける際、裏側にリングがあるタイプでは取り付け不可になります

手帳タイプのカバーでもしっかりフィットせずに運転中に落ちる可能性があるので注意が必要です

私が使用しているのは「Spigen」っていう米軍MIL規格の耐衝撃タイプになります

QI充電

【ワイヤレス充電/USB充電】

■qi出力:最大15W(15W/10W/7.5W/5W)急速ワイヤレス充電に対応。ナビの使用にも負けない供給。

■USB出力:最大36W(12V1.5A/9V2A/5V3A)QC3.0クイックチャージ急速充電に対応。ナビの使用にも負けない供給。

■防水:IP66防水で突然の雨にも対応。

■電源スイッチ:Qi/OFF/USBの切り替え式。バッテリー直での接続が可能。

■配線:1.5m目立たない黒線を採用、ヒューズホルダー、クワガタ端子

■qi対応機種:iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max/ X/ XS/ XR/ XS Max/ 8/ 8 Plus, Samsung Galaxy S10/S10+/S9 / S9 Plus / S8 / S8 Plus その他qi対応機種

■USB対応機種:全機種

■qi非対応機種:SONY Xperia,SHARP AQUOS(充電位置が下にある為) ホールド非対応:京セラ トルク※スマホケースの形状にもご注意下さい。

電力供給について

私のiPhone 10RでQI3.0充電をする時

Googleマップ+デリバリーアプリ+待ち受けつけっぱなし+光量全開

の状況でもバッテリーはフル充電されます

安価なモバイルバッテリーですと充電しているのに減っていくor充電されないってなりますが、こちらの製品ではちゃんと充電されます

こんな方にオススメします

  • デリバリーをしている方
  • ツーリング行かれる方
  • 通勤で二輪を使用する方

上記の方には特にオススメいたします

私は、これを取り付けて人生が変わった一人です

特に、デリバリーでは早押しの出前館で稼ぐには必須アイテムです!!

まとめ

道路を運転される方は片手運転、ながらスマホはとても危険です!

常に止まって確認できれば良いですが、時間もありますので止まれない時ってありますよね

カーナビと同じ機能をハンズフリーで使えるのならば良いですよね

『安全は全てに優先する』

以前の会社のスローガンでした!!

この記事で、1件でも事故が減ったら嬉しいです

では、またお会いしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました